FC2ブログ

 ❤ 桜・温泉・ワニ旅行
2012年03月13日 (火)

CIMG2575.jpg

週末は、友だちと1泊で熱川へ。 久しぶりの電車旅行


少し足をのばして、ちょうど満開だった河津桜を見に行ってみました


CIMG2589.jpg


雨は上がっていたものの、曇り空で、青空ではなかったのが残念ですが、

CIMG2584.jpg


濃いピンク色の桜がとてもキレイでした

枝が低い位置にあるので、まさに桜のトンネル。本当にキレイ。


桜を見ながらたくさん歩いたあとは、桜エビのかき揚げのおそばを食べてから

熱川のホテルへ。



CIMG2603.jpg

部屋から外を見ると一面海! 曇っていたのが本当に残念。

晴れていれば、朝は大島越しに日の出が見れるそうです。



翌日は、なんとバナナワニ園へ・・・。

オバさん二人で行くのはどうかとも思ったけれど、

私はずいぶん前に一度行ったことがあり、意外とワニに愛着を感じたので、

ちょっと興味ありそうな友だちを連れて行ってみました。



CIMG2625.jpg

イメージ通りの大きくてド迫力のワニや、小型のワニ。


CIMG2621.jpg


CIMG2623.jpg

ワニは くっつきたがり。



CIMG2627.jpg

ピラルクも。みんな寂しがり屋さんみたいで、ちょっとかわいい。


CIMG2622.jpg

以前来た時はなかった、ワニが泳ぐ姿が下から見れるという水槽。

でも、だれも泳いでませんでした・・・。この子はここに留まってるだけ。



他には、レッサーパンダ、ゾウガメ、そしてマナティもいました。

CIMG2634.jpg

レッサーパンダのあくびを激写



ゆっくり見て回ってかなり楽しんだ後は稲取へ行って、

雛のつるし飾りの展示を見て来ました。

CIMG2638_01.jpg

ひとつひとつ、手作りの飾りがすごくかわいかった。

ちょっと作ってみたくなりました。




あっという間の二日間。

ホテルではプールで泳いで、温泉入って、

おいしいご飯食べて、お酒飲みながらテレビみたりおしゃべりしたり、

お布団の上でゴロゴロ、ウトウトしてはまた起きてしゃべって・・・。

のんびり、ゆっくり過ごせて楽しかった






スポンサーサイト



[ 12:06:57 ]  お出掛けTB (0) |  CM (6) |

 ← ラウンドレッスンと通常レッスン | HOME | ワニだらけ

COMMENT

電車大丈夫だった?
旦那様お留守番だったの?
なんか羨ましいなぁ~。私もちいこさんと温泉行きたい!
2012.03.14 (21:59) | URL | [EDIT] |
maemariちゃんへ

大丈夫だったよー!ありがと。乗り物は、ほぼ克服かも。
ダンナさんとはなうめにお留守番お願いして行ってきたよ。
私もmaemariちゃんと行きたいー!
今度計画しよう!
2012.03.14 (22:33) | URL | [EDIT] |
温泉良いですねぇ♪
友達とゆっくり楽しめましたか?
2012.03.15 (00:30) | URL | [EDIT] |
sonoさんへ

のんびり、気ままに遊んできました♪
一緒に行った友だちが、今度名古屋に遊びに行きたいと
言っていたので、そのうち行くかも~。
2012.03.15 (09:13) | URL | [EDIT] |
一緒に名古屋にいらして下さいな
都合が合えば、ご案内しますよ~
最近の名古屋は、戦国武将隊は代が変わってしまうみたいですけど、結構見に来られる方が多いですよ
ちいこさん達の居た頃と名駅付近は随分変わってしまいましたけど、住んでた辺りはあまり変わってないと思います。
私は週末に4~10年程会ってない友達に会いました^^

2012.03.18 (18:28) | URL | [EDIT] |
sonoさんへ

考えてみれば、私が名古屋にいたのは、もう6,7年前なんですよね。だいぶ変わったんだろうなぁー。
何かの催しに合わせて遊びに行くのも楽しそうですね。
sonoさんにもお会いしたいなー!

友達って、ずっと会ってなくても、会った途端に当時に戻っちゃいますよね。久しぶりに会えて、楽しかったでしょうね♪
2012.03.21 (16:02) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://hanaume.blog29.fc2.com/tb.php/467-aa0ce9d0


HOME
Copyright © 2020 * イロイロニッキ *, All rights reserved.
  

Item+Template by odaikomachi